SAIの使い方初心者講座(※2008年1月に作成したのものなので情報が古い場合があります)

「キャンバスはどこにあるの?」から「webに載せるサイズにするには?」までの基本だけを超簡単に説明してみました。
高度なテクニックとかは他の講座を参考にしてください…

SYSTEMAX Software Development

ペイントツールSAI@Wiki




SAI起動。
キャンバスから新規キャンバスで紙の大きさを決めます。
今回はA4。はがきサイズとかよく使うサイズの設定が最初からあるのがうれしい。
解像度は350dpi。これはカラー印刷で使う解像度です。
別に印刷に使うわけじゃないから作業が軽い方がいいという場合はどうせ後で縮小するし
100dpiとかでもいいと思います。




レイヤー1に水色とかの鉛筆でぐりぐりとラフをかきます。
レイヤーというのは(昔の)アニメで使う透明なセルのようなものです。
ここら辺はお絵かき掲示板などを使った事があれば悩む事はないですが、
使っていけばすぐ把握できると思います。




いったんペン入れしたけどなんかおかしかったのでもう一回下書きしなおし。




上にある矢印ボタンで紙を斜めにしたり反転したりして書きやすい角度にできます。
これがものすごく便利。
ペン入れしてまた反転してデッサン修正。
ペン入れするときに下書きレイヤーは不透明度を30%くらいに下げて薄くします。




線画はペン入れレイヤーに黒でペン入れ。
右上の手ブレ補正機能を使うと手が震えて線がガタガタの人でもきれいに滑らかな線が引けます。
筆圧、線変更ツールなどを使えばもっときれいでメリハリのある線になります。
ここで一応線画は完成。
PC直描きに慣れていないのでここまで3時間くらいかかりました。紙に描いたら30分くらいなのに…
線画までは紙に描いてスキャナーで取り込む方法と、今はどっちのが多いんでしょう。




ペン入れレイヤーでCtrlを押すと線画がきみどりいろの点と線で現されます。
自動でスプライン曲線になっています。すごい。
この点の部分を動かして微妙な曲線を修正できます。
顔の輪郭線を少し直したいときなど便利です。




ここから色塗りに入ります。
ペン入れレイヤーの下に新規レイヤーを作成。
部品ごとに分けると作業が楽です。
線が大体つながっていれば自動選択ツールで簡単に選択できます。
領域検出元をキャンバスに設定。
髪の部分が青く選択されました。




バケツツールで塗りつぶし。
点線の部分が今選択されている部分です。
塗れたら選択を解除。Ctrl+D




パーツごとに色を塗った状態。
ミクは手足が黒なので色を塗るとなんとなくしまって見えます。
色分けは作業なのでたんたんと。でもここでちゃんとやっておくとあとが楽なのです。
レイヤーは下から下書きレイヤー(非表示)、髪、肌、灰色、黒、みどり、その他、ハイライト、ペン入れレイヤーの順。
表示の切り替えは各レイヤーの左のめんたまアイコンです。
ここで寝る時間になったので就寝。




次の日。
ここからたてよこ比がおかしかった事に気付いてモニターの解像度を1024×768から1280×1024に変更。
公式のミク画像を開いて、間違えをチェック。これは色を塗る前にやるべきでした。

(追記・参考にする画像の開き方…まずその画像ファイルを自分のパソコン内の解りやすい場所に保存しておき、
ファイルを開く→で開けます。
一例としてこのミク画像はクリプトンのブログ内の初音ミクボーナスファイル ZIP圧縮から頂いてきています。
ZIPを解凍するのがめんどくさい場合は、画質は落ちますが公式のトップにある画像を右クリックで保存してもいいです)

ネクタイピン?とかを描き忘れていたので書き足して、各パーツの細かい部分の色など塗り。
2ミリでペン入れしたけど線が細すぎたので、ペン入れレイヤーですべて選択→線変更で4ミリに直しました。
線の強弱そのままで変えられるので便利です。




ここからいよいよ楽しい影塗り。
各パーツのレイヤーの不透明度保護にチェックを入れます。
これで透明な部分にはかけなくなる、つまりはみ出さずに塗れるということです。
筆でざくっと塗って、水彩筆でぼかし。水彩筆は水だけつけた筆ということだと思います。
混色、水分量。色延びの設定はお好みで。
影色は一種類だけじゃなく適当でいいので何種類か混ぜてみると華やかになるかもしれません。
難しいことは考えずに大胆に塗って、細かい所はあとで修正、の繰り返し。
まず肌が塗り終わった状態。




どんどんいくよ〜
髪と瞳は同じレイヤーなので先に瞳を塗って髪の毛塗ってたら瞳を塗りつぶしちゃって
もう一度瞳を塗りなおすはめに。
瞳は大事なので別レイヤーにするべきでした。
まだ公式画像を開いてあるのは、色を持ってくるためです。
欲しい色の上で右クリックでスポイトツールで色を取れます。





全部塗り終わった状態。
最後にハイライトと腕の数字と袖の模様なども描きこみました。




線画に色を付けたいのでペン入れレイヤーの上に新規レイヤーを作成。
下のレイヤーでクリッピングにチェック。
フォトショでのレイヤーをグループ化と同じ事です。
髪がかかっているまつげと瞳の線ををみどりいろでぬってなじませます。
線画が黒だと固いので、やわらかい印象にしたい所などは、好みで。




背景がなにもないと寂しいのでちょっとだけ草でも生やしておきます。
下書きレイヤーの線を消してこのレイヤーを背景に使います。
適当にかいて、完成〜。
ファイル→キャンバスを保存で保存します。
当たり前ですが寝る前、お風呂入る前などはちゃんと保存してパソコンはスリープもしくは切りましょう。




ここからwebにうpできる画像にする作業です。
下のレイヤーと統合する、で全部のレイヤーを一枚に統合します。
このままでは大きすぎるのでファイルサイズを小さくします。
キャンバスの解像度変更、で解像度を72dpiに。
まだ少し大きいので縦ピクセル数を600にしました。大きさはその仕様用途によってお好みで。
これでここに表示されている絵の倍率は100%なので、この大きさでwebに表示されるということです。




これを別の名前で保存します。
今回はJPEGで。
これでこのファイルはSAI画像アップロードBBSなどにうpできるモノになりました。
お疲れ様でした〜。
まだ使い始めたばかりなので間違えてたりわかりにくかったらごめんなさい。



サイトトップへ戻る